地震に対して備えましょう|天災は忘れた頃にやってくる。地震の予測で被害を軽減

いつ地震が来ても良いように備えは大事です

地震に対して備えましょう

防災グッズ

震災になる可能性

関東大震災を始めとし、東日本大震災や阪神淡路大震災など、過去何度も日本は地震が原因の震災に見舞われました。こういった震災に遭遇する確率というのは非常に少なく、震災に遭遇する確率は非常に稀です。しかし、備えは肝心であり、いつ震災が起きても大丈夫なように準備はしましょう。

防災グッズは忘れずに

震災に対する備えは、予測サイトで地震の予測をする以外は、防災グッズを用意するくらいしかすることはありません。防災グッズを準備しておけば、いざ震災が起きても避難中に不便を感じにくくなり、精神的にも安心することができます。

防災グッズで絶対に用意すべきものベスト3

no.1

何はなくても水は絶対に用意しましょう。震度によっては水道が使用不能に陥る可能性もあり、水が使えないと様々な問題が発生します。飲水はもちろん、洗い物や怪我の手当などにも水は使えるので、絶対に人数分揃えましょう。

no.2

防寒具(雨合羽など)

夏場でも、雨合羽などの防寒具は非常に役立ちます。雨風を防ぐ効果もある他、掛け布団やシート代わりにもなります。そのため、防寒具一着で出来ることは非常に多いのです。なるべく頑丈なものを推奨します。

no.3

明かり

夜に街頭などの機能が麻痺すると、満足に身動きが取れない可能性は高いです。懐中電灯などの明かりは夜間の避難に必須であり、絶対に用意しましょう。携帯電話でも代わりはできますが、バッテリーなどの問題もあるのでそこまで推奨できません。

役に立たないで終わるのが一番

こういった防災グッズを用意したとしても、本当に役立つことは極めて稀です。なぜなら、上記したように震災に遭遇する可能性は極めて稀だからです。ですが、それが最も良いことでもあります。防災グッズが役立つときというのは街の被害が甚大なときです。なので、使うこと無く終わったほうが結果として良いことなのです。しかし、それでも震災が起きると確実に活躍してくれるのでぜひ準備しておきましょう。